BLOG
ブログ

2016.05.31更新

前回の続きで子供の歯磨きと虫歯について質問に答えていきます。

 

Q4.

歯みがきの仕方を教えてください。

 

Ans.

姿勢は保護者の膝の上に頭をのせて寝かせて磨きます。

歯ブラシはできるだけ小さなものを使い、歯ブラシの持ち方は、ペンを持つようにして片方の指で子どもの唇を軽くめくり、動かし方は前後みがきあるいは横みがきをして下さい。

2歳頃までは、上の前歯の歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目がむし歯になりやすいので、特に注意しましょう。

長い時間みがくことができない場合は、いつも同じところしか磨かなくなってしまいます。

順番を決めて磨くと磨き残しを防げますが、時々逆の順番で磨くようにするのも良いかもしれません。

また、歯ブラシをお口の中に入れるときは頭をしっかり固定できる姿勢で行ってください。

突然動くと歯ブラシでお口の中を傷つけてしまうこともあります。

 

 

Q5.

1歳半の子どもですが、歯みがきを嫌がります。

何かいい方法はありますか?

 

Ans.

この年齢では、歯みがきをいやがる場合が多いのでやさしく話かけたり、楽しい歌を歌いながら笑顔で磨いてあげてください。

保護者の方も一緒に歯みがきをするといいでしょう。

また、寝かせみがきをする時は、時間をかけずに効率よく行うことです。

大切なことは、毎食後に歯みがきをする習慣をつけることです。

沐浴を嫌がる赤ちゃんでも保護者の方はいろいろと工夫して毎日お風呂に入れ、体を清潔に保ちますよね?

お口の中も体の一部です。

毎日きれいにする習慣をつけましょう。

なお、大人の磨く力が強すぎて痛かったり、上唇小帯という上の前歯に張り出しているすじ状の部分に歯ブラシが当たっても歯みがきを嫌がることがあります。

力加減に気をつける、歯肉に強く当てないなどにも注意を払ってください。

 

 

 

Q6.

歯みがきをしてあげると歯ブラシをかんでしまい、すぐにダメにしてしまいます。

どうしたらいいでしょう?

 

Ans.

子どもさん用の歯ブラシと保護者用の仕上げ磨き用の歯ブラシと分けてみてください。

それでもかんで歯ブラシをダメにしてしまう子どももいますが、その場合はだめになる頻度が多くても仕方ないと考えてください。

かんでダメにしてしまう時期は、いつまでも続きません。

幼児になって注意をしてあげればかまなくなってきます。

それまでの間は、ダメになったらその都度新しいものに変えてあげてください。

 

 

Q7.

歯磨剤を間違って飲んでしまいました。

飲み込んでしまっても大丈夫でしょうか?

 

Ans.

歯磨剤の中には、研磨剤・潤滑剤・発泡剤・香料・甘味料・フッ化物などが含まれていますが、普通の使用量であれば、飲み込んでも心配はいりません。

投稿者: CORTES DENTISTA

電話番号:03-6438-9901