BLOG
ブログ

2016.06.28更新

今回は前回の続きで歯並びと粘膜(舌など)についてです。

 

<歯ならび・癖>

 

Q1.

歯はいつごろどんな順序で生えるのでしょうか?

 

Ans.

乳歯はまず下の真ん中の2本から生後6~9か月ごろ生えはじめます。

離れたり少しねじれたりして出てくることもありますが、あまり心配はいりません。

1歳3か月ごろになってもまだ歯が生えてこないようならご相談ください。

続いて上の真ん中の2本が生えてくるのが一般的で、最後に上の奥歯(第二乳臼歯)が2歳半ごろ生えてきますが、個人差もありますのであまり気にしないでよいと思います。

 

 

Q2.

生まれたときから歯が生えているのですが、何か不都合はありますか?

 

Ans.

生まれた時、すでに生えている歯のことを先天(性)歯といいます。

このような場合は、授乳時に歯がお母さんの乳首に当たり痛んだり、赤ちゃんの舌の裏が傷つくこともあります。

また、このように早く生えすぎると、顎骨の中で十分な時間をかけて育たないので、歯の表面がデコボコして弱かったり、歯の根の形成が不十分なため、グラグラして脱落し誤嚥する危険性もあります。

早いうちに一度ご相談下さい。

 

 

Q3.

歯が生えてくるのが他の子より遅いようです。

何か異常があるのでしょうか?

 

Ans.

乳歯は、遅い場合は1歳を過ぎてからようやく生えてくることもあり、生える時期には個人差があります。

歯が生えてくる前には、生える場所が大きく膨らみ、指で軽く触ると歯のある部分が白くなり触れることができます。

1歳になってまだ生えていなくても、歯ぐきが他の部分と比べ膨らんでいれば、歯がある証拠なので心配はありません。

 

 

Q4.

お父さんが受け口です。

最近子どももあごを前に出します。

どうすればいいですか?

 

Ans.

歯並びは、遺伝的要因もあります。

たとえば、お父さんやお母さんが受け口ならば、お子さんもそうなる可能性が大きいですので注意が必要です。

小さいお子さん、特にまだ奥歯が生えてきてない頃は顎を前に出す癖もあるようです。

最近、舌を上に挙げるのが下手なことが、受け口と関係する場合もあることがわかってきました。

舌を上手に動かすトレーニングや簡単な装置を利用することもあります。

乳歯が生えそろう3歳ぐらいまで様子をみて自然に治らないときには、一度ご相談下さい。

投稿者: CORTES DENTISTA

電話番号:03-6438-9901