BLOG
ブログ

2016.11.24更新

<全身疾患関連>

 

Q1.

口の中がくさい時はどうすればいいですか?

 

Ans.

口臭には、だれにでもある生理的口臭(早朝時、緊張時の口臭)以外に、飲食物による口臭(コーヒー、にんにく等)、病的口臭(重症なむし歯、歯周病などの口の中の病気、消化器、呼吸器、鼻咽腔疾患が原因となるもの、口腔内乾燥症等)があります。

病的口臭の場合は、原因疾患を治療することが必要です。

それ以外の口臭では、原則としては、口腔内を清潔にしておくことが大切で、歯みがきを十分にすることです。

細菌を除去し、くさい原因となる物質を洗い流してくれるからです。

また、ガムを噛んだり、洗口剤や口臭予防剤を使用するのもいいでしょう。

中には、まだ、胃腸の発達が未熟なために、刺激の強い食物をうまく消化できないこともあります。

香辛料が強いような食べ物は控えるなど工夫してみてください。

 

 

Q2.

奥に生えてきた歯が茶色くて、すでにむし歯のようにみえます。

治療が必要ですか?

 

Ans.

歯が石灰化する時期に何らかの影響で、うまく石灰化できなかった「エナメル質形成不全」といわれる歯です。

茶色いからといってすぐに削ってしまわず、フッ化物を塗って歯の質を強くし、再石灰化を期待したり、セメントやレジン(プラスチックのようなもの)で覆うなどの処置をします。

エナメル質形成不全は同じ時期に石灰化する歯に共通して見られます。

前歯と6歳臼歯は同じ時期に石灰化するので、同じように形成不全が見られることが多くあります。

投稿者: CORTES DENTISTA

電話番号:03-6438-9901